成功理論

コピーライティング基礎【AIDAの法則】と最新のAISCEASの法則を知る

ともき@晴れ
ともき@晴れ
今日はAIDAの法則について話していきます。

AIDAの法則とは

人が購入する際の心理状況を英語の頭文字にしてと示しています。

これがわかることで広告、記事などの構成などが理解できるのでシェアしていきますね!

 

 AIDAの構成

A : 注意(Attention)

B : 関心(Interest)

C : 欲求(Desire)

A : 行動(Action

このような法則はよくみる広告なども

目を凝らしてみるとしっかりこの法則を適用しているのがわかります。

 

AIDAの法則の根源

引用:toolshero

AIDAの法則の創始者であるセント・エルモ・ルイス氏について軽く話しますね。

1898年セント・エルモ・ルイス氏が提案したと言われています。

彼は広告代理店、広告マネージャー協会などマーケティング業界の創始者ともいえるかもしれない有名な方です。

現在の広告基礎を心理的に明確化した人物です。今もなお引き継がれてますね!

AIDAについて(1898年)

ではアイダの法則について詳しく深掘りしてみましょう

A : 注意(Attention)

初めて広告を見たとき消費者は商品・サービスの内容がわかっていない段階です。

「ほぉ、こんな感じの商品が発売されるのか」などぼんやりとした印象ですが

商品に対する関心が薄い状態です。

・マーケティング

できる限り最初の段階で読み進めてもらうために文章の初めにキャッチコピーが入っているのをよく見られますよね。

「〇〇はコレで一撃で解決できます!」

などと言われたら一撃??っと少し気になりますよね。

 

B : 関心(Interest)

広告を見た人がすでに商品・サービスを知って「なんだろう」と関心を持ち始めた段階になります。
・マーケティング

ニーズに合致する可能性があるが、支払ってまで手に入れたいのか決めかねている状態です。メリットやデメリットについて詳しく説明していく必要があります。

C : 欲求(Desire)

広告した商品やサービスがニーズに合致している認識になります。

目にするたびに「いいなぁ、ほしいなぁ」と考えている状態です。

・マーケティング

この段階で支払いの問題をクリアにできるのであれば購入したいと考えています。

したがって商品やサービスについて購入者が感じる価値について詳細を説明することや付加価値について説明を加えていくとよい段階になります。

A : 行動(Action)

商品やサービスを購入したり、来店したりした段階になります。

この段階では具体的な行動方針をお伝えすることでどうすれば良いのかが明確になるので

行動しやすくなってくれます。

・マーケティング

この段階で広告の目的は達成しています。したがって来店したユーザーや初めて購入することになるのでしっかりと訴訟してあげましょう。

 

AIDMAの法則(1924年)

AIDAの法則に続きAIDMAの法則もあります。

使い分けとしては

AIDAの法則:今、買ってもらう

AIDMAの法則:必要な時に買ってもらう

このように状況によって使い分けるタイミングを考えます。

 

AIDMAについて

AIDAに加えて記憶が組み込まれたのがAIDMAとなります。

電話やメールなどが普及したことにより目にしてすぐ購入するというのが難しくなったことで生まれた法則になります。

M:記憶(Memory)

広告の目標はいかに消費者にサービスを強く印象付けるかに注目しています。

購買意欲を高めるための「セールコピー」と呼ばれれるものになります。

「安い 早い うまい」などのフレーズを作ることで消費者の記憶に残る言葉が広告目的です。

・マーケティング

記憶に有効なのが接点を作ることです。YouTubeでよく後ろにぬいぐるみがありますよね?「あ、私も持ってる」こういった印象をつけることで自分の持ち物と相手の持ち物との合致があるので記憶に残るエピソードが生まれたします。

仮面をつけたり、特定の帽子をかぶったり、ブランディングと言って自分の価値を作っていく技術になります

AISASの法則(2005年)

AISASの法則(アイサス)は「電通」が2005年に発表した概念です。インターネットが普及したことで生まれた新しいプロセスです。

検索エンジンの普及によりショッピングサイトで購入し、SNS(Facebook・インスタグラム・ツイッターなど)で共有していく時代になります。

M(記憶)がなくなり

S(検索)・S(共有)でできた構成になっています。

S:検索(Search)

消費者は商品について知り、興味を持ち次に他の観点からどうなっているか

別の方向から価値を確かめる行動をします

・マーケティング

より多くの情報を知ってもらうために、様々な点からアプローチできるようにします。

今の時代ではブログだけではなくSNSすべて活用したアフィリエイターが当たり前となってきています。

S:共有(Share)

購入者が良いもの悪いもの問わず他の人にシェアする時代になりました。それにともない多くの流動も可能になりました。ネットの普及で拡散力が上昇している時代です。

・マーケティング

商品名やお店の名前を#タグをつけるのを心がけましょう。またはつけてもらうことで

より多くのユーザーに認識されることになります。

インスタグラムでは#タグで検索する女性が増えています。インスタ映えなどもこのようなシェアの時代になったからこその普及となっていますね。

 

AISCEASの法則(近代)

AISCEASの法則(アイシーズ)については近代に置いて有効である広告目的です。

有限会社アンヴィコミュケーションズ代表の望野和美氏が考案した概念です。

C:比較(Comparison)

検索エンジンで情報収集が終わったら次は比較になります。同じ商品は他にもある時代なので比較し、より多くのメリットを得ることが目的です。

・マーケティング

こちらからわかりやすい観点を比較してあげるユーザーに理解されやすくなります。

広告の構成に組み込むことがベストです。

E:検証(Examination)

ある程度の情報が集まり比較が終わると実際にいくつかの製品を検討する段階にはいり、営業や実際の使用者からの話を聞いていく段階に入ります。

・マーケティング

この段階については第三者の声が必要になります。主に口コミなどになります。

実際の利用者の声を聞いたりすることでユーザーが確信を掴むことになります。

グーグルマップでの口コミ評価なども時代に合わせてシステムが改善されているのがわかります。

近代AISEASの法則の流れ

製品を購入してもらうにはまずは集客(認知)が重要になります。

⑴ A(注意)サイトコンテンツ・メディア広告で製品を知ってもらう。

⑵ I(関心)自社サイトやメルマガ・SNSで興味や関心を持ってもらう。

⑶ S(検索)SEOや媒体などでWebサイトへの流動

⑷ C(比較)自社の製品が比較できる対象になっていること

⑸ E(検討)実際の営業が対応し

⑹ A(行動)導入してもらう流れを作る

⑺ B(共有)顧客との情報共有をすることで

新たなプロセスやクロスセルが生まれます。

 

時代はより複雑になっていく

AIDAの法則は原点となるのでしっかりと基礎として覚えておいてください。

近代のサーチエンジンの普及・発展によりより多くの情報が必要になってきます。

ごちゃごちゃにならず、しっかり一つ一つ理解していくことで新しい時代にどんどん対応していかなければい時代ですよ!

 

このような情報も日々入ってきますので

LINEマガジンから発信しております。

・一番最初に書いた記事はこちら

はじめまして!!

・アフィリスタートから始めたインスタ

Instagram