日常

月5万の貯金では人生は変わりません。1年で通算つると60万円、3年で180万円生涯年収を計算するときの準備

こんにちわ!

ともきです。

 

お金に関して通算で計算することでその結果(未来)が予測できます。

そうすることで将来どのような動きをするのがベストかわかります。

例えば

月30万の固定給=1年で360万

アルバイト1日8,000円

20日16万円=1年で192万

副業1カ月3万のアルバイト/1年36万

上記が具体的な収入面です。

 

支出面

家賃7万=1年/84万

食費5万=1年/60万

貯金5万=1年/60万

 

数字は現実逃避できない。

数字と虫メガネ

収入と支出に関しては変えようない現実の数字です。

あがいても先送りにしても1年での結果は変わることはないです。

数字はダイレクトです、確実に訪れる数値です。

なのでしっかりと向き合ってどう解決するか、が大切になるわけです。

 

まずは数字を見て挫折してみる。

収入と支出を1年で考えるとある程度かたちにできます。

そして更に継続の可能性があるのであれば数年で考えると

『これは変えなきゃやばいw』

ってなるわけで自分を震わせてみましょう。

 

 

支出

家賃月7万=3年252万

外食昼\800=1年24万、3年72万

貯金月5万=1年60万、3年180万

 

貯金月5万でも3年でたった180万

ぼくはこれを考えたとき死のうと思いましたw

月必死に節約して5万貯金しても3年でたったの180万だから

20代の半分使っても300万しか貯金できません、そしてそのお金は

結婚式で飛びます。

また0からのスタートです。

 

そのお金がどうなるかで行動を変える

お金は毎日関わり、すべてダイレクトです。感情はありません。

使えばなくなる、使わなければ減らない

日々の消費はかなり大きいものとなります。

喉乾いてジュースを買う たかがジュースだが1日3本で1カ月1万円くらい

ご飯800円 1カ月2万円

他にもありませんか? 

趣味、たばこ、娯楽

 

それに比べて収入は?

サラリーマンの給料は固定です。

月30万は固定、来年は? 

月31万ですかね。

1年で12万しか上がりませんよね。

サラリーマンはかなり厳しい状況が続くと思いますし、このままで良いのかな?

1日8.45時間

232日

1年働いて

 

 

 

+1万です。

 

20代月収100万越えはゴロゴロいます。

 

月100万の収入がある人は収入が変動しますが、固定給よりは数倍高いです。

 

月100万収入

1か月100万=1年で120万

貯金月50万=1年で600万

ということで。

20代の半分貯金した場合3000万

ということになります。

サラリーマンの10倍の違いです。

 

起業したときの支出

ここからじゃあサラリーマン辞めて起業目指したい!

って方もいると思います。

起業のリスクはかなり大きいです。ただ乗り越えてこそ固定給から脱出できているわけですね。

起業の支出

開業手続き33万(司法書士)

税理士さん数万

企業ホームページ作成20万

家賃頭金30万

交通費数万

コピー機、FAX10万リース

パソコン代15万

雑費

などなんだかんだで150万くらいかかります。

店舗改装費など更に大きくなる負担も大きい

 

ホントに回収できるのか不安の中皆さん起業しているわけです。

 

月の支出も半端ない

では起業して会社を維持するにはどのようなお金がかかるのか。

家賃10万

電話、インターネット、FAX 2.7万

携帯代6千

駐車場代1.5万

光熱費1万

交通費2万

雑費2万

そのほかにも税金やら色々と・・・。

ひとりでも月々30万は会社の継続で稼がないといけないわけです。

それ+自分の給料ですねw

最低月20万稼がないと払えないですからリスク感じますよね。

 

ネットビジネスは月々1000円とか

一方ネットビジネスはコスパがかなり高いです。

月々かかる費用がサーバー維持費などで月に1000円くらいですね。

それに加え永久ストックになるので倒産もありません。

仮に始めてもすぐ辞められるし稼がなくても支出は1000円だけです。

 

だから僕は推奨します。

時代は変わっている

モノづくりの時代は常に変化しています。

そして加速しづつけてますね。

ネットビジネスは光の速度で情報が移動します。

移動エネルギ-をお金に換算するだけでも昔のやり取りに比べると数倍違いますよね。

だからこそ今この波に乗る必要がある。

ということです。