ビジネス

【ヒヨコの足クラス】Twitter投稿に最適な「曜日&時間帯」をグラフで解説

TwitterはRT(リツイート)機能があるので自分の情報を拡散するのにうってつけなのですが、投稿するタイミングによっては他の投稿に生まれてしまうことも。

今回はなるべく自分のツイートを他人に見られるためにはどうすればいいのかを解説していきます!

ともき@晴れ男
ともき@晴れ男
今回はAPP APEというアプリを使って一緒に見ていきます!

ダウンロードしたい方はこちらから

アクティブユーザー数の推移をチェック

まずは時間帯ごとのアクティブユーザー数をチェックしていきましょう。 これがとある平日の一日のユーザー数の遷移です。

朝の4時がアクティブユーザー数が底の値、そして、夜の8時が800万人と最高の値を記録しています。

他の平日、休日で見ても、大体同じ時間帯でピークを迎えています。

注意して見ていただきたいのが昼の12時の少し膨らんだ部分。昼食の時間なので同時接続の数は伸びていますね。

ただ、学生、会社員共に限られた昼食時間でのTwitterログインとなっていますので一瞬で目に付く広告、宣伝以外はかなり流されがちになります。より目立つ内容での宣伝をしていきましょう!

ともき@晴れ男
ともき@晴れ男
この時間帯に宣伝ツイートを流すとユーザーがツイートまじまじとチェックできていない可能性があるので夜に回した方がいいかもしれませんね。

曜日ごとのユーザー数の遷移は?

曜日ごとでどう異なるのか見ていきましょう。

上記の画像が土日&平日のデータになります。昼の時間での折れ線の前後はあれど大体同じような線を描いていることが分かりますよね。

拡散の原理はRTにあるので、同時接続数が多い時間帯を上のグラフを参考にして狙っていきましょう。

因みに、土日はアクティブな時間帯が長いので一日を通して狙い時です。積極的に休日は広告を盛り込んでいきましょう!

(不思議なことに、曜日ごとでユーザー数にそこまでの変化がないので、とにかく時間帯を意識してツイートしていきましょう!)

ツイート数、ユーザー数の関係

ユーザー数が多い時間帯が分かったので今度はツイート数の変化にも注目していきましょう。

ツイート数が増えればそれだけ自分のツイートが他のツイートに呑み込まれる可能性が高くなりますのでバランスをとっていくと効率的に集客できそうです。

ツイート数もユーザー数と同じ推移を表していますが、19時以降はツイート数に異常な伸びを見せています。

ユーザー数に対してツイート数があまりにも上回っていると効果がしづらいので、個人的には18~19時昼の11~12時がねらい目の時間帯ではないかと思っています。

ついでにRTされやすい時間帯もチェック!

企業的プロモーションの場合はRTされやすい時間帯のチェックは必須です。 上の二つのグラフを見ると、休日、平日共に昼間にRTされやすい傾向にあることが分かります。

一日のユーザー数のピークも昼間に見せるのでRT狙いの方は昼間にかけて勝負しても面白そうです。

ともき@晴れ男
ともき@晴れ男
総合的に判断すると、昼間に目立つ情報、広告を打ち出していくとバズりやすいかなという印象ですね!

見逃してはいけないユーザーの年齢層の把握

普段広告を流すときには絶対に注意している年齢層の把握と性別の把握。

Twitterでも同じです。性別に関しては男女比が1:1なのでユーザー全体での偏りはありません。

しかし年齢層には注意していただきたいです。 比率を見てみると分かるのですが、10代が思ったよりも少ないですよね。

例えば化粧品の広告を流すとなったときに、女子高生をターゲットに、、、とすると全体の2.8%にしか刺さらないわけです。

感覚的には10代20代が圧倒的に使っている印象ですが、実は30代,40代で一番の盛り上がりを見せています。

年代的情報も加味して自分が宣伝していく内容を考えることも大事なのです。

ともき@晴れ男
ともき@晴れ男
アフィリエイトでは隙間を狙っていくことで得られる利益もかなり大きいので、広告内容をしっかり確認してツイートに反映させていきましょう!

カード型ツイートを使ってクリック率アップ!

今までは数字的な部分を見てきました。正直この辺は自分ではどうしようもできないのですが、次に紹介する内容は自分でクリック率を上げることに繋がるので是非使用してみてください。

今度はTwitterカードというものを紹介します。

何かというと、ツイートに貼り付けられた記事へのリンクを魅力的に見せる機能のことを指しています。

ツイートの中にブログのホームに出てくる「アイキャッチ画像」「記事のタイトル」などが表示されるようになるので他のツイートよりも目立ちます。

※普通のリンク付きツイートをするとリンクだけが青く表示されるので物理的にクリック率が下がります。 ですがTwitterカードを設定しているとアイキャッチ画像全体がリンクとなっているのでクリック率が上がるのです。

※カード機能に関しては長くなるので次回以降の投稿で解説をさせていただきます。Wordpress側での操作が必要となります。

ともき@晴れ男
ともき@晴れ男
最近のテーマにはデフォルトでカード化できるものもあるので、まずは自分の記事をツイートしてみてください!

先に気になる方はこちらを確認してください。

予約投稿ツールを使用して集客に役立てよう!

ここまでで大体自分に合ったツイートをする時間帯の目星、ツイートを誰に向けて発信するかの目星がついたかと思います。

ですが、日によっては丁度そのタイミングでツイートできない可能性もありますし、ツイートすらできない日もあるでしょう。

そんな方に使っていただきたいのがSocial Dogです。

SocialDogでは、自分の求めているデータが自動で分析されるのでどの時間帯にツイートをすればいいのかが一目瞭然です。自分なりの集客にあった分析を進めていきましょう。

Twitter専用多機能ツールのSocialDogには「予約投稿機能」が搭載されていて、予約投稿機能は時間がある時にまとめて予約しておけば指定時間に自動で投稿してくれます。

動画や画像、絵文字にも対応しているので、自分が普段ツイートする感覚で投稿の面倒な作業を自動化できます。

Social Dogに搭載されている予約枠を使用することで「火曜日の昼11時に投稿」など自分好みの投稿時間を設定することが出来るのです。

ともき@晴れ男
ともき@晴れ男
興味があったら使ってみてください!

まとめ

まとめ

まずはアクティブユーザー数の数をチェック!

年齢層を把握することでユーザーに刺さる広告を見つけよう!

予約投稿ツールを使用して自分の好きなタイミングでツイート!

カード式ツイートを導入して自分のリンクのクリック率を向上しよう!

以上の点に気を付けながら日々のTwitter運用を心がけましょう!